2020.11.26

【上松の家】完成見学会

スタッフブログ

連休が終わり、師走が見えてきました。

 

コロナの影響でえびす講の花火も楽しめず。

 

先が見えない不安はありますが、今できることをしっかり進めていきたいと思います。

 

 

 

 

さて、【上松の家】完成見学会がいよいよ来週末となりました。

 

木製カーポートの建て方も終わり、完成に向けあと一息です。

 

 

 

 

 

いくつかの新しいチャレンジを盛り込んだ住まいとなっていますので、そこも含めみどころをご案内致します。

 

1.大型パネルの採用・・・これは見えませんね

 

2.片引サッシの引込納まり・・・2階東南角のスペースです。眺望とソトを感じる中間領域にご注目

フルオープン

 

 

 

サッシ・日除け戸あり

 

 

 

 

日除け戸のみ

 

 

 

 

3.外壁材・・・ウォレスティモカというヒートウッドを採用しています。無塗装でとても腐りにくく、ナチュラルエイジングが美しい。寸法安定性も魅力です

 

4.庭や植栽とのつながり・・・既存の植栽、新しい植栽の位置やウチとソトとのつながり方

 

5.暖かさ・・・Ua=0.29の室内空間とは

 

6.室内のニオイ・・・ビニル建材を使っていないので空気がきれい

 

7.天井高さ・・・1階2200、2階2100は低いのか

 

8.造作家具・造作キッチン・オーナーが選んだ素敵な家具たち

 

 

 

5日は満員ですが、6日はまだ枠があるようです。

 

よろしければお申し込みください。

【こじま】

2020.11.03

家具から考える

スタッフブログ

「富竹の家」見学会はオーナー様のご厚意で無事開催、たくさんのお客様に空間を体感していただくことが出来ました。

 

いつもお話させていただくのですが、現地で体感しなければ分からないことがあります。

 

■空間のボリューム。215cmの天井高は低いのか

■室内のニオイ。清々しいか(すがすがしいと読みます)

■室内の温熱環境。本当に暖かいのか(涼しいのか)

 ※温熱環境については1時間くらい滞在するとよく分かるでしょう。

 

この3点を確認する意味で、見学会への参加あるいはオーナー様の住まい見学は必須だと思っています。

 

 

N様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

それでは、今日の話題です。

 

 

「家具から建築を考える」

 

 

 

 

 

 

建築って、どんな暮らしがしたいかだと思います。

 

 

 

 

 

 

いい眺めを見ながら、とか。

 

 

楽しくゴハン食べたいね、とか。

 

 

片付けがラクなのがいい、とか。

 

 

ソトとつながりたいよね、でも虫はね・・・、とか。

 

 

 

 

まあ、家族ごとにどこに重きを置くかが住まいに正解のない理由でして・・・。

 

 

 

 

で、いつも大事にしているのはダイニングテーブルへの求心力。

 

 

みんなでゴハン食べる場所は集まりたくなるような、座りたくなるような。

 

 

別にそこで会話してなくても、空間共有していればいいときもあるわけで。

 

 

 

 

 

そこで、求心力の高さピカイチなのが丸テーブル。

 

 

 

 

 

来場いただいた方は感じていただけたと思います。

 

 

 

そう、ダイニングテーブルの大切さを。

 

今回はJAZZ丸テーブルを購入いただきました(毎度お馴染みアメニティショップ・アイさん)。

 

 

 

丸テーブルって、角がなく、グルグル回れるし、人数調整もイケるし(φ120cmなら普段4人、来客時6人は楽勝)、いいですよね。

 

 

しかもJAZZ丸テーブルは脚がナナメなので膝が当たらず、人がどこにでも納まります。

 

 

動画参照ください。

 

 

 

 

さらにこの家はソファがありません(おばあちゃん用に一人ソファはありますが)。

 

 

 

なので、くつろぐときもダイニングチェアを使います。

 

 

 

そんなダイニングチェアは、リビングチェアを兼用できるAWAZAなどなど。

 

 

 

このテーブルと椅子から想像する暮らしがダイニングから広がり、設計が組み立てられます。

 

 

 

家具から考える、ですね。

 

 

さらにこのテーブルに素敵なペンダントライトを組み合わせると・・・

 

 

 

真夏の虫のように家族がスーッと集まってくるようです(笑)。

 

 

どうですか?

 

 

 

 

ちなみにペンダントライト取付前がこちら。

 

 

なんとなく落ち着かないような・・・。

 

 

 

 

ということで、お気に入りの家具があったり、リビングダイニングでこんな暮らしがしたい、という要望があれば、それじゃあこのテーブルはどう?この椅子は?などから設計を組み立てていきます。

 

 

 

 

そんな私たちの情報源は長野市青木島の「アメニティショップ アイ」新井店長。

 

 

 

ちなみに、宣伝費もらってないですよ(笑)。

 

 

 

 

いつもいい椅子やテーブルをレクチャーしていただいてます、家具の師匠。

 

 

 

 

 

さて、その中でも最近気になっているのが、「トヨさんの椅子」と「角のないテーブル」。

 

 

左の椅子が「トヨさんの椅子」。

どっしりしていて、あぐらもかけますよ。

角のないテーブルはH61cmです。室内で靴を履かず茶碗を持つ文化の日本人に合わせたこの高さ。一度体感してみてください。

 

落ち着きますよ・・・。

 

 

 

手前にある椅子は「男の椅子」。こちらもあぐらOK。

 

こういう高さは体感しないと分かりません。

 

61cmのテーブルはアイさんで11月中は期間限定展示中ですので、ぜひ一度体感されてはいかがでしょうか。

 

 

 

そうそう、12月の完成見学会「上松の家」も素敵なテーブルと椅子を会場でご覧いただくことが可能です。

 

来週にはご案内できると思いますので、そちらもよろしければお申し込みください。

 

【こじま】

2020.09.12

ボス スタイル

スタッフブログ

 

長野は朝晩さわやかな空気が漂いはじめ、酷暑からようやく人心地ついた感じです。

 

 

涼しくなるとぐっすり眠ることが出来、体調が良くなり、食欲も旺盛となり・・・腹囲が気になってくるところです。

 

 

しかし、来月は年一の健康診断があるので、食べた分はウォーキング・ランニング・サイクリングなどで準備を整えたい。

 

 

サイクリングと言えば、現在FM長野の「ウチイチ」(火曜日の9:15くらい)に月イチで登場しておりますが、パーソナリティの伊織智佳子さんは割とフリがポンポン来るので受け止めるのに必死です・・・。

 

 

先日の放送では無垢材の良さを伝えるのに脳の大半を使っていたところ、「で、小嶋さん、涼しくなってきてやりたいことは?」とボールが来まして、「さ、サイクリングですねえ」などと返したのであります。

(最近マウンテンバイクに乗っていないが)

 

 

さて。

 

 

 

昨日、素敵なことがありました。

 

 

家づくりを考えられている20代のご夫婦が来社され、打ち合わせをさせていただきました。

 

 

私がお話しすることはいつも同じで、「健康で心地よい暮らし」のための高断熱であり、無垢の素材であり、家具であり、庭であり・・・。

 

 

と、いつもの如く事務所にあるYチェアNo.42に座っていただき、JAZZ丸テーブルって膝が当たらなくてぐるぐる回れていいでしょなどとお話しをしたところ、

 

 

「いいですねえ。建築コスト下げてでもいい家具が欲しいねって話してたところです」と。

 

 

スゴイ!素晴らしい。

 

 

20代後半で家具の大切さを分かっているとは・・・。

 

 

そうです。

 

 

建築と家具は一心同体なのです。

 

 

 

 

 

 

でようやくタイトルのボス スタイルへ。

 

 

こちらがボスダイニングです。

 

 

 

飛騨高山の柏木工さんがつくる「オヤジの椅子」

 

 

年齢制限があるわけではありません(笑)。

 

 

こちらはいつもお世話になっているアメニティショップアイさんで撮影してきました。

 

 

 

 

これが・・・。

 

 

 

座り心地がいいです。

 

 

ひじ掛けが半分なので、膝の自由度も高く。

 

 

いい椅子はダイニングチェアがリビングチェアにもなるのです。

 

 

 

 

高椅子選びのポイントとして、クッションの厚さがあります。

 

 

厚めの方が長時間座っていてもお尻が痛くなりません。特に高齢になると筋肉が減るのでクッションの役割は重要です。

 

 

座面が無垢の木を削り出したカッコイイ椅子もありますが、長時間は辛い。

 

 

座面のクッションもあればいいというものではなく、柔らかすぎないことが重要です。

 

 

この辺りは「お尻で感じる」ことが何より大切ですね。

 

 

柏木工さんのHPにボススタイルの動画がありますのでそちらもご覧ください。

https://www.kashiwa.gr.jp/products/funiture/boss.html

 

 

 

 

いい家具は一生使えますが、ダイニングセットで50万円くらいが一つの目安となり、少々お高い。

 

 

ぜひ建築の資金計画に家具予算も組み込んでいただき、心地よい暮らしを楽しんでいただきたいと思います。

 

【こじま】