2016.10.04

OB様見学会

「家を建てたい」と思ったとき、皆さんはまず何から始めますか?

住宅雑誌を読みますか。インターネットで「○○市、新築」なんて検索してみますか。

情報の入手について、最近はどんどん簡単になってます。

そして「なんか情報はたくさんあるけど、どれがいいのか、どれを信じていいのか分からない・・・」

情報過多・・・ですね。

一昔前は「どうやったら情報がとれるの?」なんて思っていましたが。

 

さて、先週末のOB様見学会を終えて思ったことを少しお伝えしようと思います。

 

皆さんは住宅見学で大切なことはなんだと思いますか。

広いリビングや吹き抜けでしょうか。

高そうなシステムキッチン?

答えはNOです。

住宅見学のキモは「この家でどんな暮らしができるのか・・・」を感じられるかどうかだと思います。

 

住宅を見学したいとき、みなさんはどう行動しますか。

○○ハウジングパークに行きますか。

住宅展示場に建っている家は広いです。

おそらく、皆さんが計画している広さより。

ですので、実生活のイメージがつかみにくい。

 

また、完成見学会はまだ住んでいない家で開催されるので

使い勝手がイマイチ分かりにくい。

 

で、一番分かりやすいのが、「住まわれている家の見学」です。

当たり前ですが、住んでいる家を見学すると、生活が見えてしまいます。

収納は足りているの? 汚れやすいところは?

生活の匂いってどうなの? 無垢の材料ってどうなの?

WEBの画面や文字では感じられない、とっても大事な部分ですね。

 

また、「空間を感じる」ことで、部屋の広さ感を味わうことが出来ます。

これが、なかなか言葉で伝えづらい部分なのです。

図面上は狭くても、豊かな空間になっている部分がたくさんあります。

こればかりは感じていただくしかない・・・。

 

さらに。いちばん大切なことかもしれませんが。

住まわれているお施主様はニコニコしているか。

元気そうか。

 

住宅展示場では感じられない、生活感あふれる(本当に生活しているので)空間を

体感できる機会って、なかなかないです。

そして、お施主様と使い勝手の感想や建築の時に考えたことなどについて

聞いてみることが出来るのがとてもいいところだと思います。

 

これもご協力いただいたOB様のおかげだと、深く感謝しております。

大変ありがとうございました。

見学されたお客様は、リアルな空間を体感し、満足されたようでした。

 

今後もOB様のご協力をいただきながらOB様宅見学会を開催したいと思いますので

よろしければご参加ください。

 

 

 

 

 

 

【こじま】