2016.02.25

200mm断熱を見に来ませんか

もうすぐ3月ですね。陽射しもかなり力強くなってきて、春が近いなあと感じています。春が近づくと、ようやく活動しようという気持ちになりますが、これは年齢のせいかな・・・。

いやいや。春が近づくと、気温が上がって、よし動こう!という気持ちになるんです。

 

さて。家の中も一緒ですね。家の中が寒いと、じっとコタツに入る。出来るだけ動かない。おっくう。

しかし、家の中が暖かいと・・・。春のように暖かいと・・・。どんどん活動しようという気持ちになれます。

そんな、春のように暖かい室内空間を低いランニングコストで実現するにはどうしたらよいでしょう。

 

そう、答えは簡単。しっかり断熱することです。

断熱したら、気密もしてください。

そして換気もきちんと計画してください。

断熱はできれば200mm断熱で。快適さが違います。

えっ、200mm断熱ってなに?

 

200mm断熱とは、壁に200mmの厚さの断熱材を入れることです。そして、気密は隙間風防止と湿気を壁に入れないため。換気はおいしい空気を吸うため。

これらは完成時には大部分が見えなくなってしまうのですが、家の性能を左右する非常に大切なセットものなのです。

 

そんな、隠れてしまう部分を見に来ませんか!

あまり見ることがない、ふつうの業者さんはあまり宣伝しない、この部分。

これが家の燃費に直結します。

これが、家の性能を長持ちさせるかどうかに関係しています。

 

そんな、家の心臓部を見てみませんか。

2/27,28の2日間、大工の手を止めてご案内します。

いままで受けている説明がどうもしっくりこない、

どうしたら暖かい家が造れるのか知りたい、などの疑問にスッキリご納得いただけると思います。

 

また、木を使いたいけど、どんな木をどこへ使うとどう見える?という部分も

少しご案内させていただきます。

DSC_0007

お時間のご都合がつくようでしたら、高山村の現場までお越しください。お待ちしています。

【こじま】