2018.08.20

マンション床改装工事

軽井沢町のお客様からマンションの床をカーペットからフローリングに変更したいとご依頼があり、床の改装工事をおこないました。

 

改装前の写真です。カーペットを撤去し、フローリングの床に改装します。

 

カーペットの撤去後、コンクリート床の不陸を確認します。このまま施工してしまうと傾いた床になってしまう恐れがあるからです。写真の左下に写っているのはレーザー水平器です。この水平器を使って床のレベル差を確認していきます。

 

セルフレベリング材を流し込んだところです。流動性のあるモルタルで施工することで不陸を無くしていきます。しっかり固まるまでこのまま養生をします。

 

セルフレベリング材が固まったら、床の施工をしていきます。

まず、合板を張っていきます(左写真)。セルフレベリング材で不陸をなくしても多少高さに差がでてしまうので、合板を張って調整し、床を水平にします。

合板を張ったら、床材を施工していきます(右写真)。床材の割付を決め、見た目が良いように千鳥に配置していきます。千鳥とは互い違いにしていくことです。

 

床をフローリングに改装することで出来たキッチンとリビングの間の段差は、木材を加工して作成した見切り材を取り付けます。

 

フローリングの床に改装した完成写真です。

床はパナソニック製の床材を使用しています。この床材には緩衝材が付いているので下階への防音の効果があり、歩いた時の足への衝撃も吸収してくれるので踏み心地も良く足腰にもやさしく感じました。

お客様にも大変喜んでいただけました。

 

【おおかわ】