2021.08.06

制振ダンパーは必要か

耐震

今日も暑いですね。

 

 

こんな時は無理せず冷房連続運転で快適に暮らしましょう・・・。

 

快適性をアップしコストダウンするために、日除けも忘れずに。

 

熱は外部でシャットするのが基本です!

 

 

 

 

さて。

 

 

コストを掛けた分だけ体感できるのが断熱。

 

 

 

対して、なかなか体感できないのが耐震。

 

 

それでも私たちは耐震等級3を標準仕様としています。

 

 

いつも言いますが、国の耐震基準は1回だけの大地震時に「命を守る」ことができる性能です。

 

地震後に建物が傾き、住み続けることができなくてもいいということです。

 

 

これではまずいですよね。

 

住宅ローン返済中に住む家がなくかる・・・。

 

 

 

で、耐震等級3にしておけば大丈夫なのか、という話。

 

 

熊本地震のように繰り返し地震が来ても、耐震等級3の住まいは少々の補修で

住み続けることができるレベルです。

 

しかし、着実に地震のダメージは蓄積していきます。

 

そこで、制振ダンパーについて考察してみます。

 

 

まずは用語について。

 

 

【耐震】建物を硬くし、地震に耐える構造。耐力壁、水壁構面、接合部の補強が基本

 

【制振】地震力を制振装置により吸収し、揺れを抑え構造躯体へのダメージを減らす

 

【免震】免震装置により、地震力を建物に伝えない

 

 

 

それでは優先順位はどう考えるのでしょうか。

 

耐震→制振→免震

 

まずは耐震が基本ですね。

 

 

耐震等級1で制振ダンパーを採用ではだめで、耐震等級3にしてから制振ダンパーを取り付ける。

 

耐震等級3の性能を制振ダンパーで保護するようなイメージです。

 

免震については、費用が高く木造住宅では現時点では難しい。

 

 

 

まとめると

 

■耐震等級3にした上で、制振ダンパーを採用し、耐震性能を維持する

 

ということになります。

 

 

じゃあ、耐震性能を維持することができる制振ダンパーはどれで、いくらかかるのか・・・。

 

ここが大事ですよね。

 

 

まずは制振ダンパーの種類ですが、エネルギーの吸収機能によって変位依存型と速度依存型に分類されます。

 

変位依存型は、ダンパーの変形量に応じてエネルギーを吸収するもので、鋼材や摩擦系のダンパーがあります。

 

速度依存型は、ダンパーの変形する速度に応じてエネルギーを吸収するもので、オイルダンパーがあります。

 

ゴム系ダンパーは変位依存型と速度依存型を組み合わせたような位置づけです。

 

 

では、どのダンパーがいいのでしょうか。

 

 

結論から言うと、小さな揺れから効き始めるものがいいです。

 

それは・・・・

 

オイル系ダンパー。

 

商品名ですが、千博産業(株)の「エヴォルツ」。

 

 

先日、千博産業の三上さんに来ていただき、説明していただきました。

 

他のダンパーとの違いなど私なりに思っていることを質問してみましたので、よろしければこちらをご覧ください。

 

 

 

そして、体感動画がこちら。

 

 

 

 

これ、体感すると感動しますよ!

 

 

地震がなかったことになるような感覚です。

(特にワイングラスのお茶に注目)

 

ということで、制振ダンパー【エヴォルツ】は必要という結果になりました。

 

今後は新築に標準採用していきます。

 

そうそう、リノベーションにも使えるようです。

 

ただし、上部構造評点が1.0以上の場合に限るとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】