三郷の家

リフォーム・リノベーション

Mさん夫妻が暮らしていた住まいは、外壁に土壁と漆喰を使用した築50年の延床面積60坪オーバーの立派な和風住宅。

広々とした立派な住まいではありますが、昔ならではの「部屋が1つずつ区切られている間取り」のため家事動線が悪く、夏は暑く、冬は吐く息が白くなるほど寒いといった現状でした。
Mさん夫妻は、老後を快適に過ごしたいとの思いから住まいを改善しようと決意。
しかし、延床面積60坪の住まいを全てリフォームするにはお金がかかりすぎてしまうという課題が…。

奥様が家事をストレスなくできるよう動線を良くし、冬でも暖かく快適に過ごすためには新築にすべきか、リフォームにすべきか悩まれ、色々な工務店と話をしていく中で、予算内で快適に過ごすためにしなのいえ工房から提案されたのは「ハウス in ハウス」。
他社では提案された事のない内容だったため、驚いたそう。

「ハウス in ハウス」は、思い入れのある家を全て壊さずに、お家の中にお家を作る事で断熱性能向上や間取りの改善が可能。
住まいの1階の一部(25坪)の壁、床、天井に断熱材をグルリと施し、その中に、居間・キッチン・ダイニング・寝室またトイレと浴室、勝手口を作り、快適な環境の中で生活が完結出来るようにリノベーションしたことで「キッチンからリビングを見渡せるようになったし、独立していないため家事がしやすくなりました」とM夫人。

暮らしてみて、「家の中が本当に快適です。冬でも厚着する事なく過ごせていますし、以前は吐く息が白かったのが嘘のようです。また、お断りした会社さんにしなのいえ工房さんでお願いすると話したところ、『断熱工法にオーバーコートリフォームという方法があるのですね。いい勉強になりました。』と言われたんですよ。しなのいえ工房さんにお願いできてよかったと思っています」と嬉しそうに話してくれた。

DATA

所在地長野県安曇野市三郷明盛
家族構成夫婦
竣工年令和1年9月
延床面積82.28㎡(24.9坪)

キーワード: