2020.11.10

おしゃれで使いやすい【L-CLASS】

設備

先日パナソニックリビングショウルーム長野で行われた、パナソニックの水廻り設備の最上位シリーズ【L-CLASS(エルクラス)】の説明会に参加してきました。

パナソニックリビングショウルーム長野 MAP

 

キッチンとバスルームをメインに見てきました。

毎回思いますが、L-CLASSのデザインはカッコよくて、おしゃれ!

 

 

 

特にバスルームに関しては、照明や高級感のある壁柄が、リゾート感をうまく演出していて、「我が家なのにここはリゾートですか?」と感じてしまうほど、おしゃれなバスルームになっていました。

「徒歩30秒の楽園(リゾート)」という心惹かれるコンセプトに納得です。

 

また、浴槽の底から吹き出る「リゾートバブル」も標準搭載されているので、極楽気分が味わえ、より入浴タイムが楽しみになりますね。

ただ、「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」を併用すると、ビッグな「リゾートバブル」の泡が、きめ細やかな「酸素美泡湯」の泡を壊してしまうので、使い分けてくださいとのことでした。

L-CLASS バスルーム

 

 

 

キッチンについては、デザインもおしゃれでしたが、やはり機能面が印象的でした。

収納物を立てて入れられ一目で見つかる「スタンドイン収納」。

意匠性と機能性が備わっている「ワイドコンロ」。などなど…

L-CLASS キッチン

 

 

 

L-CLASSのキッチンは、しなのいえ工房のショウルームでも体感いただけます。

ぜひ、体感したい方はお気軽にお越しください🌸

【むらまつ】

2020.11.03

家具から考える

家具

「富竹の家」見学会はオーナー様のご厚意で無事開催、たくさんのお客様に空間を体感していただくことが出来ました。

 

いつもお話させていただくのですが、現地で体感しなければ分からないことがあります。

 

■空間のボリューム。215cmの天井高は低いのか

■室内のニオイ。清々しいか(すがすがしいと読みます)

■室内の温熱環境。本当に暖かいのか(涼しいのか)

 ※温熱環境については1時間くらい滞在するとよく分かるでしょう。

 

この3点を確認する意味で、見学会への参加あるいはオーナー様の住まい見学は必須だと思っています。

 

 

N様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

それでは、今日の話題です。

 

 

「家具から建築を考える」

 

 

 

 

 

 

建築って、どんな暮らしがしたいかだと思います。

 

 

 

 

 

 

いい眺めを見ながら、とか。

 

 

楽しくゴハン食べたいね、とか。

 

 

片付けがラクなのがいい、とか。

 

 

ソトとつながりたいよね、でも虫はね・・・、とか。

 

 

 

 

まあ、家族ごとにどこに重きを置くかが住まいに正解のない理由でして・・・。

 

 

 

 

で、いつも大事にしているのはダイニングテーブルへの求心力。

 

 

みんなでゴハン食べる場所は集まりたくなるような、座りたくなるような。

 

 

別にそこで会話してなくても、空間共有していればいいときもあるわけで。

 

 

 

 

 

そこで、求心力の高さピカイチなのが丸テーブル。

 

 

 

 

 

来場いただいた方は感じていただけたと思います。

 

 

 

そう、ダイニングテーブルの大切さを。

 

今回はJAZZ丸テーブルを購入いただきました(毎度お馴染みアメニティショップ・アイさん)。

 

 

 

丸テーブルって、角がなく、グルグル回れるし、人数調整もイケるし(φ120cmなら普段4人、来客時6人は楽勝)、いいですよね。

 

 

しかもJAZZ丸テーブルは脚がナナメなので膝が当たらず、人がどこにでも納まります。

 

 

動画参照ください。

 

 

 

 

さらにこの家はソファがありません(おばあちゃん用に一人ソファはありますが)。

 

 

 

なので、くつろぐときもダイニングチェアを使います。

 

 

 

そんなダイニングチェアは、リビングチェアを兼用できるAWAZAなどなど。

 

 

 

このテーブルと椅子から想像する暮らしがダイニングから広がり、設計が組み立てられます。

 

 

 

家具から考える、ですね。

 

 

さらにこのテーブルに素敵なペンダントライトを組み合わせると・・・

 

 

 

真夏の虫のように家族がスーッと集まってくるようです(笑)。

 

 

どうですか?

 

 

 

 

ちなみにペンダントライト取付前がこちら。

 

 

なんとなく落ち着かないような・・・。

 

 

 

 

ということで、お気に入りの家具があったり、リビングダイニングでこんな暮らしがしたい、という要望があれば、それじゃあこのテーブルはどう?この椅子は?などから設計を組み立てていきます。

 

 

 

 

そんな私たちの情報源は長野市青木島の「アメニティショップ アイ」新井店長。

 

 

 

ちなみに、宣伝費もらってないですよ(笑)。

 

 

 

 

いつもいい椅子やテーブルをレクチャーしていただいてます、家具の師匠。

 

 

 

 

 

さて、その中でも最近気になっているのが、「トヨさんの椅子」と「角のないテーブル」。

 

 

左の椅子が「トヨさんの椅子」。

どっしりしていて、あぐらもかけますよ。

角のないテーブルはH61cmです。室内で靴を履かず茶碗を持つ文化の日本人に合わせたこの高さ。一度体感してみてください。

 

落ち着きますよ・・・。

 

 

 

手前にある椅子は「男の椅子」。こちらもあぐらOK。

 

こういう高さは体感しないと分かりません。

 

61cmのテーブルはアイさんで11月中は期間限定展示中ですので、ぜひ一度体感されてはいかがでしょうか。

 

 

 

そうそう、12月の完成見学会「上松の家」も素敵なテーブルと椅子を会場でご覧いただくことが可能です。

 

来週にはご案内できると思いますので、そちらもよろしければお申し込みください。

 

【こじま】

2020.10.22

「富竹の家」完成見学会直前案内

リノベーション

「富竹の家」は明日クリーニングです。

 

今日は床の養生を撤去しましたので、現在の現場の様子を動画でお伝えします。

 

■外部

 

 

 

■内部

 

 

見学会当日はダイニングテーブル(丸型・直径120cm)とダイニングチェアを設置しますので、どんなLDKなのか?座った時の目線の高さは?といった空間を体感いただくことが可能です。

 

 

温熱環境としては、先に言い訳をしなければなりません(汗)。

 

 

この住まいの冷暖房設備はエアコン1台です。明日、クリーニングが終わるまではホコリを吸ってしまうのでエアコンの運転が出来ません。

 

明日の夕方にエアコンの運転を開始して明後日の朝を迎えるのですが・・・。

 

 

 

 

多分、暖めるのに時間が足りないかと・・・。

 

 

 

高断熱住宅のいいところは床も壁も天井も家具も、室内のすべてが温度を保有することです(熱が逃げにくいので)。

 

 

熱容量を持つ物体が一旦温まると冷めにくいというとイメージしやすいでしょうか。

 

 

 

暖房時。

 

エアコンだとまず室内の空気が温まります。

 

 

その後、空気の熱が物体に伝わり、物体がまんべんなく熱を持つようになるまで、季節にもよりますが大体3日くらいかかるかなあというところです。

 

現在はまだそれほど寒くありませんが、今日明日と雨で室温が低い状態からのスタートなので、土曜日はそれほど心地よくないと思います(サーモグラフィが現場にあるので床壁天井の表面温度と心地よさの関係が分かると思います。)。

 

日曜日になればだいぶいい感じになっていると思いますが・・・。

 

ちなみに一旦暖かくなると少しくらい窓を開けても物体が熱を保有しているので閉めればすぐに室温が回復します。

 

つまり、冬の掃除も窓を開けて気持ちよく出来ます。

 

 

 

 

・・・・次回以降はイベントまでにもうちょっと準備期間を取ろうと反省しております。

 

 

 

 

予約制ですがまだ空いている枠がありますので、空き時間が出来たのでちょっと見に行ってみようかという方がいらっしゃいましたら、ホームページからお申込みいただくかお電話ください。

 

既にご予約いただいているお客様はどうぞ気を付けてお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2020.10.16

富竹の家の工事進捗状況

リノベーション

いよいよ「富竹の家」もラストスパートです。

 

24,25日の見学会に向け、各部仕上工事が行われています。

 

 

そんな状況を動画で撮ってきました。

 

 

内装のコバウというドイツ壁紙が施工され、ビオシール塗装前の状況です。

 

見学会はまだ枠が空いていますので、よろしければホームページからお申込ください。

 

 

 

※リノベーションの現場ですが、新築と同じ仕上にしているので狭小住宅をお考えの方は参考になる部分が多いと思います。

 

 

 

【こじま】

2020.10.15

住宅デザイン学校2020②

和モダン

設計力を磨く。

 

 

これ、工務店にとってものすごく大事なことだと思っています。

 

 

もう、性能だけじゃ差別化できない。

 

 

 

建築家に考え方をしっかり教わることで、敷地へのアプローチや動線のさばき方がまるで変ります。

 

 

本日は、建築家伊礼智さんに学ぶ「住宅デザイン学校」でした。

 

 

 

学校では、3時間で設計を完了させる「即日設計」があり、今回は生徒16名と伊礼さん、それにゲスト講師に造園家の荻野寿也さんが即日設計に取り組みました。

 

 

 

この「即日設計」が設計力アップにつながるのです。

 

なぜなら同じ課題をどう解いたか、建築家の考えを共有することが出来るからです。

 

また、ここの生徒さんは常連の設計事務所の方が何名かいて、とても上手に設計されますので、その考えを聞くことが出来るのもすごく役立ちます。

 

 

 

 

で、本日の課題は「造園家の自邸と事務所」でした。200坪の敷地に100坪の建物。

 

 

いつもなら即日設計の制限時間は3時間ですが、今日は4時間。

 

 

でも、時間が足りませんでした。

 

 

結果はこれ。

 

 

ほめていただいた部分と足らなかった部分をしっかりご意見いただき、有意義な一日となりました。

 

 

 

【こじま】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 62