2020.12.11

暮らしを建てる

和モダン

いよいよ長野は最低気温が氷点下に突入しました!

 

皆さん、タイヤ交換はお済みでしょうか。

 

 

先日の【上松の家】見学会ではたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

 

温熱、室内空間、におい、窓からの景色など現地でなければ分からないことが伝わったのではないかと思っています。

 

 

 

さて、タイトルの【暮らしを建てる】ですが、このタイトルの本があるのです。

 

この本をつくられたのは鹿児島の工務店、ベガハウスさんです。いわゆる「スーパー工務店」として我々の業界では全国的にも有名です。

 

 

この本をご覧いただくと分かるのですが、住まい手の心地よい暮らしが紙面から伝わってきます。

 

 

そう、彼らは「家」というハードを建てているのではなく、「暮らし」を建てているのです。

 

 

私たちも、こんな暮らしどうですか、と世界観をお客様にお伝えしていきたいと思います。

 

 

それでは、さっそく上松の家から世界観を・・・。

 

 

庭木の新しい仲間、ソロ(イヌシデ)です。2階の窓から新緑は紅葉や濡れた葉や枝に積もった雪を楽しめるよう、住まいの近くに配しました。

 

ここまでは考えていたのですが・・・。

 

 

先日、7:30に現地を訪れた時、朝日にライトアップされたソロの影が壁にくっきりと映し出されているのを見ることができました。

 

これは完全に予想外。

 

でも、あまりきれいなので思わずオーナーに「これを狙っていたんです」と言いたくなるくらい。

 

 

次の設計ではこんなことも抽斗に入れながら考えましょう。

 

 

 

 

それにしても、素敵ですね。

 

 

朝、ここを道行く人はこんな景色をいただくことができるんですね。まちへ景色のおすそ分け。

 

 

オーナーご家族も出勤・通学時に住まいを振り返り、ニコッとしながら出かけてくださることでしょう(笑)

 

 

朝のリビング。

 

ガラリ戸からの光の入り方、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

そしてガラリ戸越しに庭を見ると・・・。

 

 

ハナミズキが落葉し、赤い実が残っています。

 

赤が映えてますね。

 

 

と、そこに・・・。

 

 

鳥がその実を啄みにやってきました。

 

ガラリ戸があるせいか、こちらに気が付かないようでした。

 

 

朝ごはん食べながらバードウォッチングっていいですよね。

 

 

 

これからもこんな暮らしをデザインしていきたいと思います。

 

 

【こじま】

2020.12.09

上松の家 インスタLIVEを行いました

広報

 

12/5(土)・6(日)で完成見学会を開催した上松の家。

おかげさまで大盛況で終える事ができました。

ありがとうございました。

 

 

さて、見学会前日、上松の家にて初のインスタLIVEを行いました。

子育てフリーペーパーモナミさんと整理収納アドバイザー西澤佳代子さんとのコラボ配信です。

案内役は、スタッフの小嶋。

 

 

初めての体験でどうなるかドキドキでしたが、

画面越しでも家の雰囲気がわかるので、まるで見学会場にいるかのようでした。

 

ただ、実際にご来場いただける見学会の方が、

木の香りや床の踏み心地、においやサイズ感を体感していただけるので、

個人的には、実際に見ていただく事をお勧めいたします。

 

 

 

 

 

予約がいっぱいで見学会に参加できなかった方、LIVE配信を見逃してしまった方のために、

特別にインスタLIVEの動画をお見せしちゃいます。

上がモナミさん撮影、下が西澤さん撮影になっています。

 

ぜひ、家づくりの参考になさってください。

 

【ながい】

2020.11.27

現場の終盤

和モダン

本日は【上松の家】植栽工事の立会に。

 

 

造園屋さんと外部からの見え方はもちろん、室内からの見え方も確認しながら位置と向きを決定します。

 

 

 

本日植えたのはアオダモとソロです。

 

 

手前の大きいのが、ソロ。

 

左側がアオダモです。

 

 

ついでに現在の進捗を。

 

 

塗装屋さんは内装の無機質シリケート塗料「ビオシール」を塗装していました。

 

天井の塗装はこのように施工されます。

 

 

 

 

また、玄関ポーチの階段も据え付けられました。

 

 

このコンクリートのパーツ、どこかで見たことありますか?

 

 

そう、U字溝です。

 

 

どんな仕上がりになるのかはお楽しみ。

 

 

 

ポーチの小幅板も施工が終わりました。

 

 

きれいですね。

 

 

現場の終盤は一日ごとの変化が大きく、毎日でも行きたいくらいです。

 

 

 

あと少し、安全第一で作業を進めていきます。

 

【こじま】

2020.11.26

【上松の家】完成見学会

和モダン

連休が終わり、師走が見えてきました。

 

コロナの影響でえびす講の花火も楽しめず。

 

先が見えない不安はありますが、今できることをしっかり進めていきたいと思います。

 

 

 

 

さて、【上松の家】完成見学会がいよいよ来週末となりました。

 

木製カーポートの建て方も終わり、完成に向けあと一息です。

 

 

 

 

 

いくつかの新しいチャレンジを盛り込んだ住まいとなっていますので、そこも含めみどころをご案内致します。

 

1.大型パネルの採用・・・これは見えませんね

 

2.片引サッシの引込納まり・・・2階東南角のスペースです。眺望とソトを感じる中間領域にご注目

フルオープン

 

 

 

サッシ・日除け戸あり

 

 

 

 

日除け戸のみ

 

 

 

 

3.外壁材・・・ウォレスティモカというヒートウッドを採用しています。無塗装でとても腐りにくく、ナチュラルエイジングが美しい。寸法安定性も魅力です

 

4.庭や植栽とのつながり・・・既存の植栽、新しい植栽の位置やウチとソトとのつながり方

 

5.暖かさ・・・Ua=0.29の室内空間とは

 

6.室内のニオイ・・・ビニル建材を使っていないので空気がきれい

 

7.天井高さ・・・1階2200、2階2100は低いのか

 

8.造作家具・造作キッチン・オーナーが選んだ素敵な家具たち

 

 

 

5日は満員ですが、6日はまだ枠があるようです。

 

よろしければお申し込みください。

【こじま】

2020.11.18

宿泊体験可能!リノベーション体感住宅 設計コンペ

綾なすいえ

住宅価値向上「綾なすいえ」が始まりました。

 

中古住宅を買ってリノベーションしてみたいけど、

住んでみないと本当に快適に過ごせるのかわからないから不安

 

高い買い物だし、ずっと暮らしていくお家だから、絶対に失敗したくない

新築のモデルハウスみたいに宿泊体験できたらいいのになぁ…

 

その悩みを解決するべく、宿泊体験可能なリノベーション体感住宅のプロジェクトが動き出しました。

 

長野市吉田にある築28年の住まいを、30代のご夫婦+3歳の娘さんが暮らすとしたら

どのような間取りになるのか、社内で設計コンペを行いました。

 

設計コンペ写真

 

 

物件は築28年、4LDKの戸建て。

延床面積121.73㎡(36.9坪)、1階面積64.40㎡(19.6坪)、2階面積57.13㎡(17.3坪)の住まい。

下の間取りが現在の住まいの間取りです。

 

1階 2階

 

お家づくりの要望としては、

・子どもが小学校に入る前に家を持ちたい。

・建売住宅の価格は魅力だけれど、家事動線にこだわった家事ラクな間取りにしたい。

冬暖かく暮らしたい。

・床は無垢材を使えたらいいな。

・新築を建てるよりも、中古住宅を買ってリノベーションした方がリーズナブルなので、中古住宅をリノベしたい。

・中古住宅でも永く安心して暮らしたいので、断熱性能や耐震性能はある程度クリアしたい。

 

このような希望を叶える住まいを作るべく、

しなのいえ工房の設計チームがそれぞれ間取りをプレゼンしました。

さて、どのような間取りになるのでしょうか…

 

 

 

 

新プロジェクトの間取り、決定しました!!設計担当は女性スタッフの村松です!

 

洗濯してすぐに干せる広々としたランドリースペース

干した服を畳まずにそのまま収納!ファミリークローゼット

買い物の荷物をすぐにキッチンへ!玄関横キッチン

子どもの遊び場やソファ代わりに!小上がりタタミスペース

家族の変化や成長に合わせてアレンジ!フリースペース

休日ランチや読書はここで!ウッドデッキ

 

 

宿泊体験できるリノベーション体感住宅の完成は2020年春です。

今後の活動をご期待下さい!

【ながい】

1 2 3 4 5 6 7 8 62