2020.02.14

“内”付加断熱

スタッフブログ

最近は寒暖差が激しいですね。

 

暖かい日と寒い日が交互にやってくるような日が続いています。

1日の中でも、昨日(2月13日)は長野で最高気温が17℃、最低気温が2℃でした。その差なんと15℃。

こんなに寒暖差が激しいと体調に影響が出ている方も多いかと。うちの子たちも少し風邪気味です。

 

皆様も体調の変化にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

 

 

さて、

現在リフォーム工事中のお客様宅で、“内”付加断熱工事を行ってきましたのでご紹介します。

 

しなのいえ工房では新築やリノベーション工事の際、柱の外側に壁を延長して断熱材をより厚く施工する(専門用語でいうと「外側に壁をふかす」といいます)、“外”付加断熱を採用することが多いです。

外付加断熱

 

これとは反対に、柱の内側に壁をふかす、“内”付加断熱という工法があります。

 

■外付加断熱と比較した内付加断熱の主な特徴

 <メリット>

  ・既存の断熱材を置き換えることが容易。(外壁よりも内壁の方が簡単に壊せる)

  ・壁内部の結露の心配が比較的少ない。(室内側の防湿シートをちゃんと張れる)

 <デメリット>

  ・室内側に壁が出てくるので、室内の面積が小さくなってしまう。

  ・1階と2階の間部分の断熱が困難。(1階の天井を壊す必要がある)

 

 

今回のリフォーム工事では室内側を大きく改修するため、内付加断熱の方がコストパフォーマンスがよかったため採用しました。

 

 

 

それでは実際の工事の様子です。

 

①内側の壁を壊し、既存の断熱材を取り出します。

 今回は寒さの大きな原因となる出窓の撤去と、掃き出し窓の交換もします。

 

②壁をふかすための木下地を組みます。

 

③断熱材は吹込みグラスウールで行うため、ネットを張ります。

 筋交いや配線があっても隙間なく断熱材を敷き詰めることができます。

 

④グラスウールを吹き込みます。

 

⑤防湿シートを張ります。

 今回は外壁側から湿気が抜けにくいことが考えられたため、万一湿気が壁内に入っても抜けるように、一方向のみ透湿するシートを張りました。。

 

このあと、石膏ボード、壁紙で仕上げ完了です。

 

<番外編>

合わせて小屋裏と床の断熱工事も行いました。

 

 

<小屋裏ビフォー>

 

<小屋裏アフター>

 

<床断熱>

【くわはら】

2019.09.23

安曇野市【三郷の家】完成しました

スタッフブログ

 

風がかなり強い一日でしたがいかがだったでしょうか。

 

 

果樹が収穫前に落ちてしまったのではないかと心配です。

 

 

 

 

 

さて、今日は安曇野市【三郷の家】のお引渡でした。

 

 

M様ご夫妻は築50年の無断熱住宅でずっと過ごされてきましたが、老後を快適に過ごしたいとの想いでリノベーションを決断されました。

 

 

しかしながら延床面積60坪オーバーの立派な和風住宅をすべてリノベするには費用がかかりすぎるし、外観も変わりすぎてしまう・・・

 

 

 

そこで、今回のコンセプトは「ハウスinハウス」。

 

 

住まいの1階の一部(とはいえ25坪もあります)をリノベーションし、その中で生活が完結するようプランしました。

 

 

 

工事は内部をスケルトン解体し、抜ける柱は抜いて梁補強しながら新しい間取りを実現します。

 

断熱も床は新築同様140mm厚です。

 

 

 

壁は外壁の内側に新たに壁をつくるため室内は狭くなりますが、断熱気密は完璧です。

 

 

 

天井も気密シートを施工し、グラスウールを400mm吹き込みます。これも新築同様。

 

 

サッシも新築同様エクセルシャノントリプルガラスです。

 

 

工事の進捗については後日現場を管理した林からアップしてもらいますので、少々お待ちください。

 

 

今日は少しだけビフォーアフターをお見せします。

 

 

 

着手前。

 

 

完成。和のテイストはそのままに。おなじみ、オリジナル杉羽目板です。

 

 

 

 

このようなDKで居間はこの先の引違戸の向こうの廊下の向こう・・・。

 

 

変わりすぎて原形を想像することが困難です(笑)

 

 

 

ベッドルームのクロスはお客様チョイスですが、ゴージャスな感じになりました。

 

 

家具工事はいつも通り、しっかりと。

 

洗面家事室も充実しています。

 

ミラーはM様御支給。

 

 

 

廊下のダウンライトも壁側に寄せて壁を照らすといい雰囲気になります。

 

 

 

今まで室内でも気温マイナスだったのが、今年はどんな冬になるのかとても楽しみにされています。

 

私も真冬になったらお邪魔しようと思います・・・・。

 

 

 

引渡が終了し、外へ出ると・・・。

 

 

 

 

虹がくっきりしっかり見えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2018.06.07

今週末は地育Lab*

スタッフブログ

 今週末はお天気があまりよくなさそうですね。

 

 

 

そんな時には・・・。

 

 

イベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

今週末はMウェーブで

 

「地育Lab*」が開催です。

 

 

チラシは当ホームページでもご案内しているので、ご覧ください。

 

 

 

 

我々が出展しているのは、「信越地域快適家づくりの会」です。

この会は、工務店・設計事務所・製材会社・問屋など、家づくりの川上から川下まで関係している会社の集まりで、信越地域にいい家を建てましょうというコンセプトのもとに集まった仲間です。

 

この会をPRするのは、ホントに工務店が世の中に認知されてない現状を打破し、「工務店って意外とやるなあ」とか「工務店ってハウスメーカーの下請けのことじゃなかったんだ」とか工務店についてのイメージよくしてもらいたいからなのです。

 

 

さて、会員は35m×26mのスペースで、来場者の皆さんにさまざまな体験をしていただけるような仕掛けを作ってお待ちしています。

 

 

 

しなのいえ工房が担当したのは「スラックライン」

長野県北相木村産のカラマツを使い、つくりました。

 

 

IMG_3255

 

長さが3mと4mのバージョンを2台ずつつくりました。

 

IMG_3258

こんな感じで遊びます。

 

歩ききったり、様々なポーズを決めたりと、体幹トレーニングにももってこいですよ。

 

うちの中澤も上手に乗っていますね。

 

 

 

というのは画像だからで、実際は結構難しいです。

このあと、すぐに落下してますので(笑)

 

 

 

会場にはこのほかにもたくさん遊べるブースがあります。

 

■ボルダリング

 

■VS嵐でやっているコロコロバイキング

 

■カラマツの枝でコースターづくり

 

■空気砲

 

などなど。

 

 

 

体験無料ですので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

ちなみに・・・

 

アンケートにお答えいただくと御食事券がもらえるそうです。

 

よろしければお越しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2016.03.23

スケルトンリフォーム(8)内装工事①

スタッフブログ

長い冬が終わり、梅も咲きはじめました。春到来です。花粉も到来し、社内でも私を含めキビシメな状況になっているスタッフがいます。

先日、重度の花粉症である取引先のIさんに電話をしました。例年通り鼻がつまり大変そうな声なんだろうなあと思っていたら、全然平気な声でビックリしました。

理由を聞くと、舌下免疫療法を始めたとのこと。舌の下にスギエキスを投下していく治療法で、花粉が飛散する3か月前からの治療が必要とのことですが、保険診療がOKになり人気急上昇らしいです。花粉キビシメの方はご検討下さい(私も若干チャレンジしたいような・・・)。

 

さて、スケルトンリフォームですが、断熱気密工事が終わりましたので、あとは自由に造作出来ます。

しなのいえ工房では無垢の材料を出来るだけ使います。

DSC_0018

今回、床板にはヒノキの無垢フローリングを使います。

節が少ない「上小節」グレードは見た目スッキリ。価格も「無節」グレードよりお値打ちでオススメです。

無垢の床は一枚の幅が100mm程度です。根気よく、一枚一枚丁寧に向き合って仕事をしていきます。

DSC_0418

こちらが完成時。ヒノキのいい香りに包まれます。

家具下には間接照明を。照明メーカーのダイコーさんは、いろいろな機能のこだわり間接照明を作っています。

この家具の下はコチラ↓。

DSC_0407

この照明器具の名前は「まくちゃん」。なかなかの高性能な照明器具です。

 

 

DSC_0009

今回の階段は、支える板は見せません。

DSC_0293

こんな感じにスッキリ仕上がります。

DSC_0002

ダイニングカウンターも収納たっぷり。間接照明も付けますよ。

DSC_0487

造作家具をしっかりデザインして、全体のイメージを統一していきます。

最近は照明の重心を下げることにチャレンジしています。

なかなか画像では伝えにくいのですが、何とも落ち着きのあるいい空間になります。

 

今度の高山村の完成見学会では、間接照明を体感していただくために4月9日のみ20:00まで

オープン致します。この機会にぜひ間接照明のやわらかい空間を味わってみてください。

 

次回は内装工事②にしましょう(結構引っ張ります 笑)。

 

 

 

 

【こじま】

2016.01.29

スケルトンリフォーム(7)断熱改修

スタッフブログ

長野ではある程度の雪が降り、スキー場の皆様もほっと一息というところでしょうか。 一方では、九州などの西日本で低温による水道管のパンクという問題が起きました。 お見舞いと共に一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。   さて、外部では付加断熱の工事が完了しました。雨仕舞が出来たので、落ち着いて作業に取り組めます。 このタイミングで内部はどうなっているのでしょう。 まず、壁の断面を窓の取り付く部分で見てみましょう。

DSC_0077

元の壁は120mmの柱が使われています。そこに100mmの窓枠下地を取り付けます。 これで壁厚が220mmとなります。

DSC_0019

内部から外壁を見たところです。付加断熱が施工され、軸間の充填断熱がまだ施工されていない状態です。 ここに断熱材を職人が施工して、

DSC_0005

防湿シートを貼るとこうなります。↓

DSC_0006

天井の下地を間仕切下地より先に施工すると、気密シートの施工が 楽になります。 次の画像ですが、この小さい箱のようなものはなんでしょうか?

DSC_0091

これは天井にダウンライトを埋め込むための下準備BOXです。

DSC_0081

こんな風に

DSC_0090

BOXに気密シートを取り付けて、ダウンライト部分の気密を確保します。

DSC_0101

伊藤もチャレンジです。

DSC_0103

村松も、研修中のIさんもチャレンジです。

DSC_0113

準備完了。

DSC_0029

天井にシートが施工され、BOXが取りついたところです。 この後、天井材を施工してから・・・   DSC_0017

天井裏に断熱材を吹き込み、断熱工事完了です。 次回は内装仕上げをご紹介しましょう。      

【こじま】

2016.01.08

スケルトンリフォーム(6) 断熱改修

スタッフブログ

2016年、新しい年が明けました。 今年も信州にたくさんのエコハウスが出来るよう努力していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 

山浦のブログにもありましたが、雪が全然ないお正月で何か拍子抜けした気分です。 まあ、雪かきなどの余計な作業がなく、ラクだったのですが。 スキーに無理やり行く気分にもならず、ゆっくり過ごしていました。

 

  さて、スケルトンリフォームの続きをご紹介しましょう。 前回までに耐震補強工事が終わりました。追加する梁や柱・筋交や耐力面材などを施工し、評点を1.0以上としました。 これは現行の建築基準法レベルです。 せっかくリフォームして快適になっても、地震で壊れてしまっては悲しいですよね。やはり、断熱改修と耐震改修はできるだけセットで取り組むことをオススメします。

 

  それでは壁の断熱改修を見てみましょう。まずは付加断熱から。 既存の柱の外側に付加断熱する厚さの下地を取り付けます。画像は窓廻り。画像の上部に黒く映っているのは、表しになっていた梁です。今回、この梁は付加断熱することで隠れてしまいます。

DSC_0213

 

次に外壁下地となる付加断熱専用の支持パーツ(KMブラケットといいます)を取り付けます。三角の紺色のパーツです。

DSC_0226

 

そして、付加断熱分の断熱材を施工していきます。 付加断熱の施工が終わったところです。

この画像ですが、レアです。なぜなら断熱材を施工後、雨に濡れないようすぐに覆ってしまうので、なかなか見ることが出来ないからです。

これを見ていただくと、断熱材がぎっしり施工され、断熱欠損がとても少ないことがお分かりいただけるかと思います。木下地ではこうはいきませんよね。KMブラケット、オススメです。

DSC_0227

 

断熱材の施工が完了したら、すぐにタイベックシート(防水透湿シート)を施工し、雨で濡れないようにします。

DSC_0228

 

そして、窓を取り付け、外壁下地の胴縁を施工。

DSC_0037

 

ここまでくれば、外部雨仕舞はOKです。   次回は内部をお見せしましょう。お楽しみに。      

【こじま】

2015.12.12

スケルトンリフォーム(5) 耐震補強

スタッフブログ

家を丸裸にして、骨組みだけにしてしまう「スケルトンリフォーム」。

メリットは、耐震補強・断熱補強を新築以上の高いレベルで実現できるところです。 費用は新築よりも安く、いくつかの補助金受給の対象になる可能性があります。

 

  さて、前回は雨漏りが始まった屋根瓦を撤去し、金属板葺きにすることで耐震補強にもなることを説明しました。 雨仕舞がしっかりしたところで、いよいよ耐震補強工事に取り掛かります。

  ところで、何十年か前の住宅は南面に大きな窓がたくさん取り付いている設計が多いです。 裏を返すと、壁が少ない。 なので、地震に弱い。 さらに、筋交などが入っている耐力壁の配置バランスが悪いと、壁の量は足りていても倒壊してしまう場合がありますので、そこも確認しなければなりません。

 

  解体工事が完了したところで、現状の土台や柱・梁の位置や断面を調査します。 また、仕口(梁同士の接合部)に適切な金物が使われているかも調査します。 そして、調査結果を図面化し、補強計算します。 その結果により、梁を追加したり、筋交を追加します。 これで、地震が来ても安心できる建物に生まれ変わります。

 

DSC_0056_2

補強設計に基づき、柱や梁を追加します。 火打ちの数も不足していることが多いので、追加します。

 

DSC_0005

新しい間取りにするためにどうしても抜かなければならない柱がある場合は、それに伴い別の箇所に柱や梁を設置します。    

【こじま】

2015.12.01

スケルトンリフォーム(4)

スタッフブログ

今朝はクルマのフロントガラスが凍っていました。冬は確実に近づいているようです。

 

ところで、南米ペルーのあたりでエルニーニョ現象が起こっているようで、異常気象が心配です。最近の天気は急変することが多いので、タイヤ交換や冬の備えはお早めに。

  冬の備えといえば・・・ 寒い冬でも手早く確実に室内が暖かくなる、お手軽断熱改修工事があります。2日後のブログを担当する桑原がご案内させていただきますので、お楽しみに。

 

  さて、本日は「屋根のリフォームどうする?」を考えてみたいと思います。今回のスケルトンリフォームの現場でも検討しました。 瓦屋根で雨漏りが・・・という場合、どうしたらいいのでしょう。   そもそも瓦の施工は、簡単にいうと重ねているだけのものですから、暴風雨などの時には当然のごとく瓦の裏に水が回ります。 瓦の下には、瓦の裏に入り込んだ水が木部に到達しないよう、下葺き材を施工してありますが、40年ほど以前では杉皮(文字通り、木の杉の皮です)が使われていました。

杉皮が劣化すれば、瓦の裏の水は木部へ到達してしまいます。 その後、アスファルトルーフィングという防水性・耐久性の高いものに変わっていくのですが、屋根の雨漏りをきちんと直すには下葺き材を取り替えないといけません。 下葺き材を取り替えるということは、全面改修になってしまいます。  

 

さて、どうせ全面改修するのなら、耐震性能をUPしませんか、というご案内になるわけです。 リフォームで屋根を葺き替えるなら、軽い屋根にするとそれだけで耐震性能が上がりますので、金属屋根(ガルバリウム鋼板)をおすすめします。耐久性については、15年保証や25年保証のものがあるので長期間メンテナンスフリーでOKです。 他の軽い屋根材として、石粒をガルバリウム鋼板に吹き付けたものもあり、30年保証の製品があります。 屋根材から耐震改修を考えることも大切です。

 

DSC_0033

瓦を乗せる瓦桟の下が杉皮です。

 

DSC_0011

和風デザインである入母屋の屋根骨組です。

 

DSC_0032

寄棟に変更します。

 

DSC_0012

緑色のものが下葺き材であるルーフィングです。屋根材はガルバリウム鋼板(15年保証)です。   雨仕舞がきちんと出来ました。 次に耐震改修の作業にかかります。 それではまた。  

【こじま】

2015.11.12

スケルトンリフォーム(3)

スタッフブログ

昨日、約50年ぶりとなる国産飛行機「MRJ」が初飛行したニュースを拝見しました。 感想は、シンプルに「スゴイ」。 飛行機のパーツは約30000点の部品から造られているそうで自動車の10倍にもなるそうです。

これらを使い、綿密な設計や試験を経て、安全に大空に飛び立てるんですね。 各パーツの安全性・耐久性について、空の上のことですから万が一にも部品のトラブルは許されません。 「やってみてダメなら変更しよう」という方法は通用しない。 設計者はさぞドキドキしたことでしょう。そして心配したことでしょう。

 

だから、飛行までは心配がなくなるように、何度も何度も「確認」という作業をしたと思います。 建築についても、「確認」という作業をもっと真剣に一生懸命取り組もう、と思うような出来事でした。

 

  少し前置きが長くなりましたが・・・ 今日はスケルトンリフォーム(3)です。 床断熱の部分を解説していきますね。   そもそも今までの在来工法が寒いのは、床下空間と壁内空間がつながっていることが原因でした。 そこで、床下の空気が壁内に流れ込まないように「気流止め」を施工します。

DSC_0210

 

次に床断熱材その1を施工します。大引というパーツの間に入れるので、「大引間断熱」といいます。 今回は90mm。

DSC_0163

 

白く見えているところが大引の部分です。次に根太を施工し、根太間に断熱材を施工し、(この根太間しか断熱しないことが多い)室内の湿気が断熱材内部に入らないよう防湿シートを施工します。

DSC_0203

 

分かりづらいかもしれませんが、この画像は既に防湿シートが施工してある状態です。 壁際の柱・間柱・耐力壁部分を丁寧に気密テープで施工されているのがお分かりいただけると思います。   これでやっと荒床(下地合板)施工になります。 意外と長い道のり。 ただ、このように施工しておくと「熱橋」=ヒートブリッジが少なくなり、床が暖かくなります。   本日はここまで。 次回は一旦外部について。 雨漏りが始まった瓦屋根のリフォームをどうするか、耐震のことも含めてご案内します。

【こじま】

2015.10.30

スケルトンリフォーム(2)

スタッフブログ

朝晩はだいぶ寒くなりましたが、日中はまだ太陽が元気で車を運転していると車内は暑いです。 紅葉はだいぶ進んでいるようですね。

私は週末に鬼無里から白馬へ抜けるルートでドライブしてきましたが、 天気も良く、いい景色を楽しむことが出来ました。

 

  さて、大規模リフォームであるスケルトンリフォームのご紹介その2です。   前回は、既存の建物を解体し骨組みの状態とし、耐震壁が必要な部分に基礎を新たに設置する ところまでご紹介しました。 今回は、次のステップをご案内します。

  まず、床下の状況が乾燥しているかどうか確認します。 床下から湿気が上がると、床下空間の木部が腐ってしまったり、しろありが生息しやすくなってしまいます。 現在は、ベタ基礎や床下に土間コンクリートを打設し、地中の湿気が上がらないよう 工夫されていますが、少し前までは床下が土のままという状態が当たり前でした。

せっかく骨組の状態にしたので、防湿シートを施工し床下に湿気が上がらないようにします。 0.2mmの厚手のシートを敷き込みます。

DSC_0002

 

次はいよいよ床断熱工事です。 それではまた。  

【こじま】