2019.06.06

家具を選ぶ

スタッフブログ

  須坂市「小山の家」は工事も終盤で、現在内装工事中。

 

 

デコパピアというドイツ製の紙クロスを貼っています。

 

 

このクロス、紙がかなり厚く、日本だとこの厚さで紙を造れないようです・・・。

 

 

 

この後、ビオシールというシリケート塗料を塗装しますが、マットでとても上品な仕上がりになりますので乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日はお客様とダイニングテーブル選びの御打合せでした。

 

 

小山の家ではテーブルのデザインをラウンドタイプでご提案しました。

理由としては、テーブルの周りを回遊できることと、大勢のゲストが来られた時もなんとかテーブルの周りに座ることが出来るからです。

 

 

ただし、悩みどころはその大きさです。

直径1200だと、4人でゆったり使えますが、この住まいには少し大きいかと。

直径1100は普段2人使いで、たまに4人であればまったく問題ありません。

直径1000では4人だとちょっと窮屈・・・。

 

 

設計図はφ1100で描きましたが、お客様は適切かどうか今一つ分からないため、見学会用のφ1100ラウンドテーブルを設置しました。

こちらを空間に置いてみると実際のボリュームを体感できますね。

空間とのバランスを確認し、φ1100がちょうどいいということでご納得いただけました。

 

 

これで、ラウンドテーブルのデザイン決めに進んでいきます。

 

 

チェアも、全体の雰囲気やお好みで張地の生地色を選びます。

 

 

現場もラストスパート、安全に仕事を進めます。

 

【こじま】

2019.05.31

造作家具

スタッフブログ

「家具・建具を、自然素材を使いオリジナルデザインでつくる」

しなのいえ工房がつくる家の特徴の1つです。

 

 

なぜそうするのか。

デザインを整えることで空間が自然素材の落ち着いた質感でまとまり、居心地の良さにつながるからです。

また、家族それぞれの暮らし方に合わせてデザインするため、無駄がなく使い勝手の良いものができます。

 

 

ちょっと前まで、新築のプロジェクトの家具図面を、設計チームやオーナー様と話し合いながら作図をしていました。

 

 

 

 

設計が簡単そう(特に箱物)に見えますが、意外と考えることがたくさんあります。

 

 

収納したい物のサイズ感

用途に合った家具の形

オーナー様の暮らし方や要望

人の動作(取りやすい所にあるかなど)

機能性とデザイン性の両立

大工さんの作業手間

などなど

 

 

設計は正解がないため悩む部分も多いですが、自分で描いたモノがカタチになっていく時、改めて今やっているお仕事にやりがいを感じます。

サイズ感などがしっかりと身に着くよう、今後も経験を積んでいきたいと思います。

 

 

しなのいえ工房HPの”ニュース&イベント”でもご案内している「福島の家」と「小山の家」も、竣工に向けラストスパートに入ってきました。

造作家具ももちろん見学会でご覧いただけます。

ぜひ家具の扉を開いてみて、使い勝手やデザインを実際に体感してみてください。

 

 

 

http://shinanoie.com/tours/4917

 

 

【むらまつ】

2019.03.04

ホームプロジェクタ―のリフォーム

スタッフブログ

いよいよ春が近づいてきましたね。

花粉も近づいていると思いますが・・・。

 

さて、昨日はPanasonicリフォームClubの長野県合同イベントのお客様感謝祭でした。

 

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

 

おかげさまで会場はごった返し、私は汗だくで木工教室の対応をしておりご挨拶が不十分だったかと思いますが、どうかご容赦ください。

 

皆さん楽しんでいただけたようで、よかったと思います。

 

 

 

なお、このイベントについては別のスタッフからご報告があると思います・・・。

 

なにせ私が撮影できた写真はこの1枚のみ。

手作りウインナー教室です。

 

どうもテーブル上のコーキングガンみたいなもので腸詰していくようです。

 

とりあえず、私からのご報告は以上です。

 

 

 

 

 

さあ、本題に。

 

2月下旬にお客様宅でリビングの改装工事をしていましたが、完成しましたのでちょっとご紹介。

 

 

突然ですが、皆さんご自宅テレビの大きさは何型でしょうか?

 

32型?46型?

大きいものだと50型、60型なんていうものもありますよね。

ちなみにこのリビングのTVは55型。

 

私が通常設計するTVボードは50型くらいを想定していますので、このTVはちょっと大きめです。

 

さあ、今回はこのリビングからTVをなくして、代わりにホームプロジェクタを設置しましょうという計画です。

 

 

TVがあった壁を家具に変更し、ホームプロジェクターをセットしました。

 

この家具は奥行が500mmあるので、反対側は収納になっています。また、通路を確保することでサブ動線としての役割を果たすと同時に、プロジェクターにさまざまなメディアを簡単にセットすることが可能です。

 

 

 

さあ、そして。

アイボリーの壁に投影しますが、くっきりと映ります!

(この画像は分かりやすくするために照明を消していますが、実際は照明が点灯していても全く問題なく視聴することができます)

 

この壁のサイズがW3000×H2400なので、画面がいかに大きいかご理解いただけると思います。

 

 

 

さらに。

 

このプロジェクタは4K対応で、今以上にくっきりと見えるようになります。

(この画面は4Kではありません)

 

 

これで金額は大型TVよりずっとお安いのですから、居間の設計も窓のない壁とプロジェクタボードが主流となる日が来るのでは・・・。

 

 

 

【こじま】

2018.07.09

オープンハウスは続きます

スタッフブログ

 週末は日滝の家で完成見学会でした。

 

 

お忙しいなかお越しいただいた皆様、

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

ご予約のお客様優先のため、ご案内が不十分だったお客様がいらっしゃったと思います。

申し訳ございません。

 

 

オープンハウスは7月22日まで行っていますので、お気軽にご予約いただければと。

 

 

 

以下はご来場いただいた方の感想です。

 

 

■木の香りがすごい

■木づかいがすごい

■落ち着く

■気持ちいい

■素敵

■住みたい

 

 

なんだか、だんだん抽象的になってきました(笑)

 

 

確かに、言葉で表すのはちょっと難しい空間かもしれません。

 

 

私たちも、お客様に言葉で説明しきれません。

 

 

 

どうして天井が低いのか。

 

どうして天井に照明をつけないのか。

 

どうして窓が少ないのか。

 

 

体感してもらうしかないのです・・・。

 

 

空間とか、匂いとか、明るさとか。

 

 

これまでの家とはちょっと違うぞ、と感じていただけると思います。

 

 

 

この空間を演出するのに、設計も、施工も、現場管理も、色んな困難を乗り越えてきました。

 

まあ、楽しい困難なんですけど(笑)

 

 

 

 

 

メインの開口部も困難の塊でした。

 

 

でも、一生懸命やると、こんな素敵なことになります。

 

DSC_0503

これは夏の陽射しを遮りながらも庭を眺められる日除け戸。

 

 

DSC_0498

夜は障子を閉めます。

 

 

 

多機能で豊かな開口部です。

 

 

 

お時間あれば、ぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2018.07.03

ちょっと暗いがくつろぎに最適

スタッフブログ

日滝の家Bのオープンハウスが始まりました。

無垢の木など見どころはたくさんあるのですが、ここで1つ照明計画についてご紹介したいと思います。

 

DSC_0333(修正)

 

上のLDK写真の天井部分をご覧ください。

天井に灯りが1つもないのにお気づきでしょうか。

 

よく見る、真ん中に大きな照明器具が1つドーン!とある部屋が一般的でしょう。

こうした部屋に慣れている人にとっては、日滝の家Bは少し薄暗いと感じると思います。

 

でも、少し薄暗いほうが落ち着きませんか?

 

当然部屋の用途によって照明計画は異なってきますが、LDKなどくつろぎの場として利用する部屋については、部屋に散りばめた居場所に小さな光を当ていくつもの陰影をつくることで、落ち着きのある空間になります。

落ち着きのある部屋は居心地がいいので、自然と家族が集まりますよね。

ただ照明を散りばめるだけではなく、重心(高さ)はできるだけ低くするのもポイントです。

照明の数を減らして、灯りの重心を抑え、天井には極力照明を付けないようにすると、落ち着きのある空間を生み出すとともに、家を広々と感じる事ができます。

 

 

7月7日(土)は夜まで開催しているので、今回ご紹介した照明計画による部屋の雰囲気を体感することができます。

ぜひご家族そろってお気軽にお越しください☺

【むらまつ】

2018.05.18

シックな外観になりました

スタッフブログ

現在建築中の須坂市日滝の家Bの足場が取れました!

 

DSC_0081(編集)_

須坂市日滝の家Bのポイントの1つは外観です。

全面板張りの外壁をオイルステインで黒く塗装しました。

木目がうっすらと浮かび上がる「黒い外壁」によって、シックでかっこいい印象になりました。

 

DSC_0085_

以前ブログで紹介した日除け戸の戸袋も完成しました。

もう少ししたら日除け戸が設置されます♪

 

DSC_0054_

内は現在、大工さんが家具を造作中です!

今回はキッチンと浴室も造作なので、家まるごと木を基調としたオーダーメイドとなっています。

どんな仕上がりになるのか…とても楽しみです☺

【むらまつ】

2018.05.15

中野市東山の家取材

スタッフブログ

先日、住宅誌「ナガノの家」の取材で中野市東山の家へ行ってきました。

 

 

 

当日はお天気もまずまずで、お子様たちのご機嫌も麗しく・・・。

 

 

 

 

 

 

春になり、シンボルツリーのアオダモを植えました。

DSC_0064

 

外観がグッと引き立ちますね。

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキの近くに植えています。

 

DSC_0052

 

 

 

植栽のチカラは偉大です。

 

 

建築半分、植栽半分というところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

中の取材風景はこんな感じ。

 

DSC_0049

 

 

 

 

 

 

 

子ども部屋は今のところご主人の趣味部屋ですな。

 

 

DSC_0062

 

 

 

 

 

 

 

階段上り口がいい空間です。

 

 

DSC_0051

 

 

 

M様、お忙しいなか取材にご協力いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

「ナガノの家」は6月末発売です。よろしければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・・ウッドデッキ。

 

 

DSC_0054

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2018.01.27

造作ベッドができてきました!

スタッフブログ

以前ブログでご紹介した中野市東山の家の造作家具ですが、

着々と完成してきています。

 

ちょっとわかりずらいかもしれませんが…

子ども部屋の二段ベッド部分はこんな感じになりました。

 

IMG_2368_ IMG_2370_

 

材料はシナの合板を使用しています。

木目が美しく、マットな感じが落ち着いた印象ですよね。

このようなベッドの造作は初めてでドキドキでしたが、

想像以上にキレイな仕上がりとなったのでよかったです☺

 

いよいよ、中野市東山の家の完成見学会も近づいてきました。

見学会は2月17日(土)・18日(日)の2日間での開催となっています。

もちろん今回ご紹介した子ども部屋の造作家具も見学可能ですので、

ぜひご家族やご友人をお誘い合わせのうえ、お気軽のお越しください♪

近々見学会のご案内を致しますので、そちらもあわせてご確認ください。

【むらまつ】

2017.12.26

おうちが片付くための収納計画

スタッフブログ

様々な家庭の個性に合わせた収納や片付けをプロデュースする

「トトノエ堂」さんのセミナーに参加しました。

建築の設計段階で収納計画をどのように考えていくのかを教えてもらいました。

 

まず教えてもらったのは、

「収納はたくさん作っておけば、必然と暮らしやすくなる」という考えは間違っているということ。

収納計画を成功させるためには、

まず場所によって使用する物を把握することが必要ということでした。

使用する物は以下の方法で簡単に書き出すことができます。

 

 

例)リビング

 

<step1>

・やらなければならないこと(家事など)

・今ついついやっていること(やりっぱなし)

・やりたいこと(趣味、団らんなど)

日常の動作を思い出して細かく書いてみましょう。

 

たとえば…

・掃除

・帰ってきて上着をソファへ

・家族で映画鑑賞をする

 

 

<step2>

その時に必要なもの、使いたいものなどはなんですか。

step1の行動に対しての物、というように細かく書き出しましょう。

 

・掃除 → 掃除機、クイックルワイパー、ワイパーシートの替え、ルンバ(欲しい)

・帰ってきて上着をソファへ → 上着置き場、上着をかける場所

・家族で映画鑑賞をする → TV、コード類、DVDプレーヤー、ソファ、机、コーヒー

 

 

リビングで使用する物を細かく書き出すことができました。

使用する物を把握した上で、改めて収納の大きさや配置を決定していきます。

自分の家族に合った物の量・片付けの癖・行動に合わせた収納場所や広さなど、

「うちの場合」がわかった上で、これからを考えてくことが大切だと学びました。

 

年末に大掃除をする方も多いかと思います。

ぜひ掃除をする前に、<step1><step2>を実践してみてください。

いつもの片づけ方の考えが変わって、スッキリを持続できる部屋作りができるかもしれませんよ☺

 

DSC_0139_

【長野市青木島町の家B TVボード】

お客様のライフスタイルに合わせた、使い勝手の良い造作家具は毎回大好評です!

 

 

さて、今年も残すところあと5日となりました。

1年経つの本当に早いですよね…(笑)

 

工事を依頼していただいた皆様には大変お世話になりました。

誠にありがとうございました。

また、スタッフブログをお読みいただき、ありがとうございました。

来年もしなのいえ工房をよろしくお願いいたします。

本年のご愛顧に重ねて御礼申し上げます。

【むらまつ】

2017.11.28

造作家具の新たな試み

スタッフブログ

実は…

現在中野市で新築のお宅を建築中です

1月のお引渡しを目指して、着々と完成してきています。

今回のお宅は今まで建築したお宅よりも増して、木の造作が活きる設計をしています。

 

20171128183747147_

 

上のイラストは、子ども部屋に設ける造作家具のイメージイラストです。

並びあった2つの部屋の仕切りを壁にするのではなく、ベッドと収納を兼ねた造作家具を施します。

 

二段ベッドと同じように、収納部分も上下で奥行きを変えることで、

無駄なスペースを生まない設計にしました。

平面上のみで考えるだけでなく上下の空間もうまく利用すると、

それほど広くない部屋でも充実した環境をつくることができます。

 

その他の箇所でも、カーテンではなく障子を用いた納まりの美しい造作など、

細部にまで木による造作家具が目を引くデザインを施していきます。

近々現場の様子も公開しますので、ぜひチェックしてくださいね☺

 

 

 

さて…いよいよ来月は師走です…

日毎に寒さが厳しくなってきましたね。

 

先日の祝日・勤労感謝の日。

私の地元の長野市では「長野えびす講煙火大会」が開催されました。

打ち上げ会場が実家から近いので、あったかグッズをフル装備で歩いて見に行きました(笑)

毎年大迫力の花火に圧倒されます…スターマインは特にすごい…

信州の澄んだ夜空に彩る晩秋の花火がとても美しかったです。

 

IMG_4848_

 

今年もあと1ヶ月ちょっと…

残り少ない2017年最後まで頑張ろう!と花火から元気をもらいました☺

【むらまつ】