2020.10.22

「富竹の家」完成見学会直前案内

スタッフブログ

「富竹の家」は明日クリーニングです。

 

今日は床の養生を撤去しましたので、現在の現場の様子を動画でお伝えします。

 

■外部

 

 

 

■内部

 

 

見学会当日はダイニングテーブル(丸型・直径120cm)とダイニングチェアを設置しますので、どんなLDKなのか?座った時の目線の高さは?といった空間を体感いただくことが可能です。

 

 

温熱環境としては、先に言い訳をしなければなりません(汗)。

 

 

この住まいの冷暖房設備はエアコン1台です。明日、クリーニングが終わるまではホコリを吸ってしまうのでエアコンの運転が出来ません。

 

明日の夕方にエアコンの運転を開始して明後日の朝を迎えるのですが・・・。

 

 

 

 

多分、暖めるのに時間が足りないかと・・・。

 

 

 

高断熱住宅のいいところは床も壁も天井も家具も、室内のすべてが温度を保有することです(熱が逃げにくいので)。

 

 

熱容量を持つ物体が一旦温まると冷めにくいというとイメージしやすいでしょうか。

 

 

 

暖房時。

 

エアコンだとまず室内の空気が温まります。

 

 

その後、空気の熱が物体に伝わり、物体がまんべんなく熱を持つようになるまで、季節にもよりますが大体3日くらいかかるかなあというところです。

 

現在はまだそれほど寒くありませんが、今日明日と雨で室温が低い状態からのスタートなので、土曜日はそれほど心地よくないと思います(サーモグラフィが現場にあるので床壁天井の表面温度と心地よさの関係が分かると思います。)。

 

日曜日になればだいぶいい感じになっていると思いますが・・・。

 

ちなみに一旦暖かくなると少しくらい窓を開けても物体が熱を保有しているので閉めればすぐに室温が回復します。

 

つまり、冬の掃除も窓を開けて気持ちよく出来ます。

 

 

 

 

・・・・次回以降はイベントまでにもうちょっと準備期間を取ろうと反省しております。

 

 

 

 

予約制ですがまだ空いている枠がありますので、空き時間が出来たのでちょっと見に行ってみようかという方がいらっしゃいましたら、ホームページからお申込みいただくかお電話ください。

 

既にご予約いただいているお客様はどうぞ気を付けてお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2020.10.16

富竹の家の工事進捗状況

スタッフブログ

いよいよ「富竹の家」もラストスパートです。

 

24,25日の見学会に向け、各部仕上工事が行われています。

 

 

そんな状況を動画で撮ってきました。

 

 

内装のコバウというドイツ壁紙が施工され、ビオシール塗装前の状況です。

 

見学会はまだ枠が空いていますので、よろしければホームページからお申込ください。

 

 

 

※リノベーションの現場ですが、新築と同じ仕上にしているので狭小住宅をお考えの方は参考になる部分が多いと思います。

 

 

 

【こじま】

2019.12.14

RCの断熱改修

スタッフブログ

12月なのに暖かく力強い日射しが心地よい・・・。

 

しかしながら夜は寒くなってきています。

 

 

 

10月の健康診断の結果を受け(ウエスト昨年+30mm)、朝軽く走るようにしましたが、

 

寒さに負けずに家から出発することが出来るかどうかが問題です。

 

 

 

さて、今日は先日お引渡を終えたRCの住まいリノベを紹介致します。

 

今まで宿直室として使っていた部屋を改装し、ご主人の書斎(何ともうらやましい)をつくりたいとのご相談です。

お風呂と洗面・トイレ(狭い!)がある部屋ですが、お風呂の代わりにキッチンをご希望。

 

私の夢、いやいやお客様が快適に書斎ライフを送れるプランを検討しました。

 

ポイントは

 

■RCでも暖かく。

■照明は存在感薄く。

■狭い水廻り空間を造作家具で使いやすく。

■いい家具を。

 

・・・・いつもと一緒ですね・・・。

 

 

解体すると、RCなのでコンクリートがむき出しになります。

 

 

断熱は申し訳程度のウレタン吹付。これじゃ寒いよね。

 

お風呂を解体したところです。

 

 

こちらはトイレと洗面があったところ。

 

 

で、断熱していきます。

 

RCは本当は外断熱がいいのですが(コンクリートは熱容量が大きいので)、一部屋だけなので内側に壁をつくり、断熱します。

 

根太。不陸調整します。

床断熱。90mm厚の高性能グラスウール。

コンクリートに接触させないのがミソ。

 

 

 

トイレ部分。防湿シートをしっかり施工します。

 

 

洗面部分。

 

 

書斎部分。

 

エアコンはドレンの関係もあり、天井埋め込み型にしました。

 

 

 

そして、完成。

壁も定番のビオシール。

 

テレビ背面はグレーに仕上げ、落ち着いた雰囲気に。

 

 

家具はいつもお世話になっている長野市のアメニティショップ アイの新井店長と打合せして決めました。

 

 

このソファは背もたれ7段階リクライニングします。

だらしなくダラーンと座るのがコツだそうです(笑)。

 

 

デスクチェアはAWAZA。日本人向けのいい椅子です。

 

窓はLowEペアガラスの内窓で寒さ対策。

 

 

洗面はギュギュっと凝縮。

 

 

 

トイレも広くなりました。

 

 

家電収納にミニキッチン。

 

 

 

W900のキッチンです。

 

 

 

まな板はひのきでつくりました。

 

 

一部屋でしたが、とっても濃いリノベになったと思います。

男としてこんな部屋で過ごせたらいいなあ、をカタチにさせていただきました。

 

 

【こじま】

2019.09.23

安曇野市【三郷の家】完成しました

スタッフブログ

 

風がかなり強い一日でしたがいかがだったでしょうか。

 

 

果樹が収穫前に落ちてしまったのではないかと心配です。

 

 

 

 

 

さて、今日は安曇野市【三郷の家】のお引渡でした。

 

 

M様ご夫妻は築50年の無断熱住宅でずっと過ごされてきましたが、老後を快適に過ごしたいとの想いでリノベーションを決断されました。

 

 

しかしながら延床面積60坪オーバーの立派な和風住宅をすべてリノベするには費用がかかりすぎるし、外観も変わりすぎてしまう・・・

 

 

 

そこで、今回のコンセプトは「ハウスinハウス」。

 

 

住まいの1階の一部(とはいえ25坪もあります)をリノベーションし、その中で生活が完結するようプランしました。

 

 

 

工事は内部をスケルトン解体し、抜ける柱は抜いて梁補強しながら新しい間取りを実現します。

 

断熱も床は新築同様140mm厚です。

 

 

 

壁は外壁の内側に新たに壁をつくるため室内は狭くなりますが、断熱気密は完璧です。

 

 

 

天井も気密シートを施工し、グラスウールを400mm吹き込みます。これも新築同様。

 

 

サッシも新築同様エクセルシャノントリプルガラスです。

 

 

工事の進捗については後日現場を管理した林からアップしてもらいますので、少々お待ちください。

 

 

今日は少しだけビフォーアフターをお見せします。

 

 

 

着手前。

 

 

完成。和のテイストはそのままに。おなじみ、オリジナル杉羽目板です。

 

 

 

 

このようなDKで居間はこの先の引違戸の向こうの廊下の向こう・・・。

 

 

変わりすぎて原形を想像することが困難です(笑)

 

 

 

ベッドルームのクロスはお客様チョイスですが、ゴージャスな感じになりました。

 

 

家具工事はいつも通り、しっかりと。

 

洗面家事室も充実しています。

 

ミラーはM様御支給。

 

 

 

廊下のダウンライトも壁側に寄せて壁を照らすといい雰囲気になります。

 

 

 

今まで室内でも気温マイナスだったのが、今年はどんな冬になるのかとても楽しみにされています。

 

私も真冬になったらお邪魔しようと思います・・・・。

 

 

 

引渡が終了し、外へ出ると・・・。

 

 

 

 

虹がくっきりしっかり見えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2019.06.14

小布施の古民家リノベーション その①

スタッフブログ

小布施町で古民家のリノベーション工事が始まりました。

大きな屋根の立派なお家は新たにブックカフェとして生まれ変わる予定です。

おおよそ築100年の古民家は天井が高く内部は非常に開放感があります。もともと畳だった部屋は店舗としての利用を想定しフローリングになります。

ある程度想定はありましたが畳を剥がし荒床や根太の状態を確認すると経年に伴う痛みの箇所が見受けられたため、新たに根太からやり直すことになりました。そうなると、根太間に断熱材の充填は外せません。今までは無断熱だったことを考えると、底冷えの軽減に役立ってくれるはずです。

また空き家の状態が長く続いたため、電気及び給排水設備は見直し、大部分を新設することになりました。

その他、壁や柱梁等は比較的状態が良いこともあり木工事としては最低限に留めて、時を重ねた古民家ならではの雰囲気を大切に残し梁組みやしっくいの壁の美しさが際立った空間となるよう心掛けて工事を進めていきます。

【しもだ】