2020.12.11

暮らしを建てる

和モダン

いよいよ長野は最低気温が氷点下に突入しました!

 

皆さん、タイヤ交換はお済みでしょうか。

 

 

先日の【上松の家】見学会ではたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

 

温熱、室内空間、におい、窓からの景色など現地でなければ分からないことが伝わったのではないかと思っています。

 

 

 

さて、タイトルの【暮らしを建てる】ですが、このタイトルの本があるのです。

 

この本をつくられたのは鹿児島の工務店、ベガハウスさんです。いわゆる「スーパー工務店」として我々の業界では全国的にも有名です。

 

 

この本をご覧いただくと分かるのですが、住まい手の心地よい暮らしが紙面から伝わってきます。

 

 

そう、彼らは「家」というハードを建てているのではなく、「暮らし」を建てているのです。

 

 

私たちも、こんな暮らしどうですか、と世界観をお客様にお伝えしていきたいと思います。

 

 

それでは、さっそく上松の家から世界観を・・・。

 

 

庭木の新しい仲間、ソロ(イヌシデ)です。2階の窓から新緑は紅葉や濡れた葉や枝に積もった雪を楽しめるよう、住まいの近くに配しました。

 

ここまでは考えていたのですが・・・。

 

 

先日、7:30に現地を訪れた時、朝日にライトアップされたソロの影が壁にくっきりと映し出されているのを見ることができました。

 

これは完全に予想外。

 

でも、あまりきれいなので思わずオーナーに「これを狙っていたんです」と言いたくなるくらい。

 

 

次の設計ではこんなことも抽斗に入れながら考えましょう。

 

 

 

 

それにしても、素敵ですね。

 

 

朝、ここを道行く人はこんな景色をいただくことができるんですね。まちへ景色のおすそ分け。

 

 

オーナーご家族も出勤・通学時に住まいを振り返り、ニコッとしながら出かけてくださることでしょう(笑)

 

 

朝のリビング。

 

ガラリ戸からの光の入り方、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

そしてガラリ戸越しに庭を見ると・・・。

 

 

ハナミズキが落葉し、赤い実が残っています。

 

赤が映えてますね。

 

 

と、そこに・・・。

 

 

鳥がその実を啄みにやってきました。

 

ガラリ戸があるせいか、こちらに気が付かないようでした。

 

 

朝ごはん食べながらバードウォッチングっていいですよね。

 

 

 

これからもこんな暮らしをデザインしていきたいと思います。

 

 

【こじま】