2017.02.13

信州省エネ大作戦

※今回、予定では「地鎮祭や上棟式」についてお話しをさせて頂く予定でしたが、事情により次回に延期とさせて頂きます。なぜなら、弊社こじまが断熱リフォームについて講演させていただく機会があり、その様子をいち早く皆様に報告したかったためです。。。が、しかし…(続きは最下部で。)

 

 

タイトルにもありますが、「信州省エネ大作戦」というものを、皆様ご存じでしょうか?

長野県では、「環境・エネルギー自立地域創造プロジェクト」を掲げ、節電・省エネルギーの取組を推進しております。冷暖房によるエネルギー消費が大きくなる夏や冬の時期には、この取組を県民レベルまで広げるべく、「信州省エネ大作戦」と称し、具体的な数値目標を掲げて、節電・省エネルギーの運動を展開しています。

 

今冬も「冬の信州省エネ大作戦2016」として、平成28年12月1日(木) ~ 平成29年3月31日(金)の期間で、最大電力が平成22年度よりも5%減となるように、特に平日の朝9時~11時、夜17時~19時の節電・省エネを呼びかけています。

 

dakusenp

 

この運動をさらに広げるべく、省エネ対策を進める際のポイントや国の補助制度などを、県民や企業の皆様に紹介するイベント「節電・省エネ対策セミナー」が2月9日(木)に長野県庁内で開催され、そこで弊社こじまが「住宅の省エネリフォーム」についてご説明させていただきました。

 

 

主なポイントはこちら・・・ 

 

①暖房した熱は窓から逃げていくため、窓の断熱性能が非常に重要

窓を1つリフォームするだけで、年間の灯油使用量を100リットル以上節約することができる場合も!

②「気流止め」の重要性

壁の中を風が通ると、断熱材本来の性能を発揮できません。空気を静止させることが何よりも大事!

③「ついで」に断熱工事をご提案

浴室の入替え工事等のついでに断熱リフォームをご提案。「ついで」に工事なら、コストも抑えられて満足度向上!

④本格的な断熱リフォームには、「オーバーコートリフォーム」や「スケルトンリフォーム」がおすすめ

生まれ変わった我が家で”超快適”に住まうことができます!

⑤冷暖房シミュレーションで根拠のあるご提案を

断熱リフォームの効果を、言葉だけでお客様に伝えることは非常に大変です。熱計算ソフトによる冷暖房シミュレーションで、断熱リフォームの効果をしっかりと数値でご提案することが何よりも大事。予算に応じたきめ細かい断熱リフォーム計画をお客様にご提案するようにしましょう。

 

 

壇上で堂々と説明する弊社こじまの様子をお伝えし・・・・たかったのですが、会場がびっくりするぐらい暗く、私の安物カメラではまともに撮ることができず。。。こんな写真ですみませんm(_ _)m

1

【くわはら】